本文へスキップ

昭和43年創立の移動式クレーン作業を専門とする会社です。

TEL. 045-582-0204

〒230-0071 横浜市鶴見区駒岡2−6−11

会社方針CONCEPT

会社方針

常陸機工株式会社は創業以来、お客さまに喜んでいただける最高のクレーンサービスを提供するという使命を掲げています。 絶えず変化するお客さまのニーズにお応えし、和の心をもって、確かな技術と実績で社会基盤の構築に貢献します。


社長あいさつ

CEO

 2018年、当社は創業50周年を迎えることができました。これもひとえに皆様のご支援、ご愛顧の賜物と心から感謝申し上げます。
 オリンピック招致で「おもてなし」という日本を象徴するような言葉がクローズアップされました。技術は日進月歩で進み、社会も情勢も日々変化しています。変化に対応していくことは大切ですが、そうした中、変わらない日本人としてアイデンティティー、例えば「おもいやり」「心配り・気遣い」「おもんばかる」など和の心を大切にし、日本人ならではきめ細やかな対応ができるそんな会社にしていきたいと思っています。
 今後も皆様と共に歩んでいけるよう努力してまいりますので、より一層のご指導を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。


創業者あいさつ

CEO

 平素は、大変お世話になりまして、誠にありがとうございます。
 私は、荷役会社が共同出資して設立した東京港機械荷役に勤め、まだ国内にクレーン車がなく、アメリカ軍払い下げのクレーン車を使っていた頃からクレーン車を運転操作していました。日本製クレーンが主流ではない頃には、神戸製鋼所が米国のP&H製クレーンを、浦賀重工業が米国のローレン製クレーンを販売しており、ローレン製クレーンの修理・整備などで全国を歩いたこともあります、そうした経験から、当時の多田野鉄工所の社長などからはよくアドバイスを求められたりしたものです。多田野鉄工所をはじめ国内クレーンメーカーは、高度成長期のインフラ整備や工場建設、住宅建設など、日本の発展とそれに伴う社会の要求に応じ技術力をつけ、大企業へと成長するわけですが、私は、昭和30年代に各地で石油精製工場や化学工場・製鉄所などの建設が行われる中、特に京浜地区の工場・発電所の建設に当初から携わりました。当時は安全よりも結果(完成させること)重視で、安全意識も低く、オペレーターはノーヘル、草履で運転し、アウトリガーが浮くまで作業するのは当たり前、時には現場で1日に3台もクレーンが転倒したこともありました。今では考えられないことですが、とても活気のある時代でした。そんな高度成長期の昭和40年代には、クレーン作業専門の会社が雨後の筍のように次々と創業し、私も昭和43年に中古のクレーン1台を買って起業しました。その後お陰様で年々台数も増え、オイルショックやバブル崩壊などを乗り越え、クレーン創成期から今まで、クレーン作業一筋に仕事を続けてくることができました。大変ありがたいことです。
 それは今思うに、「お客様あってこそ」ということです。「日々お客様に喜ばれる仕事」をし「お客様から信頼を得て」「お客様にとってに必要な存在」になるということです。クレーン車の開発技術は向上しても、クレーンを操作するのは人です。これからも、お客様にとって必要な会社であり続けるよう、人を大切にし後身を育てていきたいと思います。ご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

オペレーター行動指針(ひたち10K)

より喜ばれるオペレーターを目指し、次の10項目を行動指針として定めています。

@基本ルールの遵守
A高度な技術と向上心
B危険予知
C工夫と努力
D協力とゆずりあい
E管理と点検整備
F健康管理
Gきちんとした身だしなみと態度
Hきれいな車両と職場
I環境への配慮

このページの先頭へ

バナースペース